メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/5 政府との協力不可欠 元日銀審議委員・中原伸之氏

=横山三加子撮影

 --日銀の黒田東彦総裁の4年半をどう評価しますか。

 ◆最大の功績は、異次元の金融緩和によって円相場を過大評価から適切な水準に引き戻したことだ。その結果、輸出が増えて企業業績が良くなり、雇用環境が改善し、株価も上がった。しかし、世界的な競争激化で(物価の影響を除いた)実質賃金は上がらず、低金利で増えるはずの投資も進んでいない。黒田氏の任期後の次の5年間の最大のポイントは、財政政策の助けを借りることだ。

 --2013年1月に日銀が政府と結んだ共同文書は、財政政策を政府の役割としています。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論
  4. 毎月勤労統計問題 不適切マニュアル作成は03年 不正調査は04年から
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです