メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

STOP!シルバー事故

高齢者の運転免許、30都道府県で代理返納可

 運転免許証の自主返納は原則本人に限られているが、全国の警察本部の6割超にあたる30都道府県警で家族などの代理人でも返納を認めていることが、警察庁などへの取材で分かった。免許返納を巡る環境整備が各地で広がっているが、専門家は高齢者が納得して返納できる仕組みの必要性を指摘している。【青木絵美】

 自主返納は、各都道府県警の運転免許センターか警察署に本人が出向いて手続きをするのが原則だ。しかし、75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法の成立を受けて警察庁は2015年、代理人による返納を認めるなど柔軟な対応を各都道府県警に要請した。

 毎日新聞のまとめによると、11月1日現在で代理人が返納できるのは、30都道府県警に上っていた。その…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1376文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです