メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

NTN・大久保博司社長 ベアリングメーカー成長戦略 EV時代も海外拡大

NTN大久保博司社長=大阪市西区の同社で、大道寺峰子撮影

 機械の滑らかな回転には不可欠で「産業のコメ」ともいわれるベアリング(軸受け)。そのメーカー、NTN(大阪市西区)は100年にわたり自動車や産業機械の発展を支え、世界33カ国に219拠点を持つグローバル企業に成長した。電気自動車(EV)時代を迎える中、ベアリングへのニーズは今後も不変なのか。大久保博司社長(64)に今後の成長戦略を聞いた。【大道寺峰子】

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1577文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]