メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

NTN・大久保博司社長 ベアリングメーカー成長戦略 EV時代も海外拡大

NTN大久保博司社長=大阪市西区の同社で、大道寺峰子撮影

 機械の滑らかな回転には不可欠で「産業のコメ」ともいわれるベアリング(軸受け)。そのメーカー、NTN(大阪市西区)は100年にわたり自動車や産業機械の発展を支え、世界33カ国に219拠点を持つグローバル企業に成長した。電気自動車(EV)時代を迎える中、ベアリングへのニーズは今後も不変なのか。大久保博司社長(64)に今後の成長戦略を聞いた。【大道寺峰子】

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1577文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]