メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

NTN・大久保博司社長 ベアリングメーカー成長戦略 EV時代も海外拡大

NTN大久保博司社長=大阪市西区の同社で、大道寺峰子撮影

 機械の滑らかな回転には不可欠で「産業のコメ」ともいわれるベアリング(軸受け)。そのメーカー、NTN(大阪市西区)は100年にわたり自動車や産業機械の発展を支え、世界33カ国に219拠点を持つグローバル企業に成長した。電気自動車(EV)時代を迎える中、ベアリングへのニーズは今後も不変なのか。大久保博司社長(64)に今後の成長戦略を聞いた。【大道寺峰子】

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです