メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

江戸時代の夫婦の離縁状を…

 江戸時代の夫婦の離縁状を「三くだり半」というのはご存じだろう。実はその当時、未婚の男女の関係解消を誓約する文書もあった。法制史家の高木侃(たかぎ・ただし)さんはこの手の文書を「執(しゅう)心切(しんぎ)れ一札(いっさつ)」と呼んでいる▲その著書「写真で読む三くだり半」(日本経済評論社)には、執心切れ一札も10通紹介されている。関係の解消を「執心切れつかまつり候(そうろう)」「執心決してござなく候」「執心がましき儀(ぎ)ござなく候」と誓うのが定型だったのが分かる▲目を引くのは女性が出した一札が4通もあることだ。親類や村の世話役、若者組の仲間など、仲立ちした人の名が連署されたものもある。なかには今日でいうストーカーのような「執心」を周囲があきらめさせたケースもあったろう▲京都府警が今度開設するストーカー相談支援センターでは、加害者を対象にしたカウンセリング支援にも取り組むという。民間のカウンセリング機関と提携し、原則5回までのカウンセリング料を公費で負担する「執心」対策である▲聞けば、加害者に税金を使うことには抵抗もあったこの施策だ。しかし過去のストーカー事件の教訓は、加害者への対策の必要を示すものだった。担当者は「加害者から執着心と支配意識を取り除くことが被害者を守る」と説明する▲昔も今も、つきまとわれる被害者を苦しめる「悪縁」だが、それはつきまとう方にも不幸な縁に違いない。縁がもつれれば村や町の世話役も乗り出した昔をうらやんではいられぬ現代「執心切れ」事情である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
    3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
    4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
    5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです