メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/6止 追加緩和が必要 早稲田大学政治経済学術院教授・若田部昌澄氏

=横山三加子撮影

 --黒田東彦総裁の4年半をどう見ますか。

 ◆白川方明・前総裁時代の持続的に物価が下がる状態は脱し、雇用も改善した。ただ、2%の物価上昇目標は達成できず、デフレの完全脱却は道半ばだ。消費を冷え込ませた2014年の消費税増税時に、黒田総裁は予想された物価上昇への悪影響について政府に警告を発すべきだったが、増税支持で前のめりになった。状況判断のミスだ。

 --物価目標は6度延期され、日銀は現在、19年度ごろの達成を目指しています。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文844文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
  3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]