メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

困難な環境にある子どもを本で支援 日本国際児童図書評議会

福島県南相馬市で9月、希望プロジェクトの一環として開催された絵本のワークショップ=一般社団法人日本国際児童図書評議会提供

 子どもの本の調査研究や国際交流事業を担う一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)が今年度から、貧困家庭や災害被災地など困難な環境で生きる子どもたちに、本を送ったり読み聞かせたりして支援する「希望プロジェクト」を始めた。9月には福島県南相馬市で初の交流イベントを開催。今後、子どもの支援に関わる文学者や詩人による講演会などの「希望プロジェクト学びの会」も始動させる。【塩田彩】

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文996文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]