メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

止まらぬ温暖化、続く災害 京都議定書採択から20年「パリ協定」に期待

 地球温暖化を防ぐため、世界で初めて温室効果ガスの削減に法的な拘束力を持った「京都議定書」の採択から12月で20年。議定書は歴史上、画期的な一歩だったものの、世界の平均気温は上昇傾向が続き、被害も多発している。「失われた20年」とも呼ばれる歴史を振り返る。

 ●CO2の濃度上昇

 1997年12月11日、京都市左京区の国立京都国際会館。国連気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)の議長を務めた大木浩・環境庁長官が、京都議定書案の説明をし終えた午後1時10分、議定書は採択された。先進国に温室効果ガスの削減を義務づけ、世界は大きくかじを切った。

 しかし、発効を前に米国が「経済活動への打撃」などを理由に離脱を表明。議定書は発効したものの、中国や…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1061文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]