メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=かねもとさんの漫画「夜泣き小屋」より

 赤ちゃんの夜泣きに悩むママたちが、すっぴんにパジャマ姿で集い、本音でおしゃべり--。そんな「夜泣き小屋」が、ネット上の仮想空間にある。「ツイッターが産後うつを救うことを伝えてほしい」というメールをもらい、取材を始めた。

 ●欲しいのは「同志」

 「親世代や先輩ママからの『昔はこうだった』『いずれ楽になる』というアドバイスが、かえって苦しい時もあるんです。だからといって同情してもらっても何も解決しません」。そう訴えるのは東京都内の会社員、うまきさん(35)。ツイッター名だ。5月に長女(1)の育児休業から復職した。少子化や核家族化の影響で、初めて触れる赤ちゃんが我が子という人は少なくない。「いい母親」になるためのアドバイスは世の中にあふれている。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で見かける友人たちのカラフルな離乳食や手作りの育児グッズに、小さな罪悪感を抱えた経験がある人もいるだろう。

 「妊娠前からの友人に育児の弱音は吐けないし、現実のママ友に心配をかけるのも怖い。結局きれいごとを言…

この記事は有料記事です。

残り1571文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです