メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IMF

「過労死」問題視 日本に残業抑制を提言

 国際通貨基金(IMF)は21日発表した日本の労働環境に関する提言で、後を絶たない「過労死」を問題視し、残業抑制を求めた。日本の正社員は頻繁に長時間労働を要求されるが、残業代が支給されないこともあるとし、働き過ぎで死に至ることが「KAROSHI(過労死)」と紹介した。

 残業が減れば、夫は子育てや家事により多…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文317文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌中央署 自転車ひき逃げ容疑の大学生逮捕 小2被害
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
  4. 東京簡裁 菊池桃子さんストーカーで罰金30万円
  5. ウラから目線 野党って?=福本容子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]