メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

森友 検査院報告(その1) 揺らぐ政府説明 証拠不足、調査に限界も

参院予算委員会理事会で調査報告書を金子原二郎委員長(左)に手渡す河戸光彦会計検査院長=国会内で2017年11月22日、川田雅浩撮影

 会計検査院が22日に公表した森友学園問題の検査結果は、土地評価額から約8億円を値引きした国の対応に疑問を投げかける内容となった。学園への対応を「問題ない」と強調してきた財務省、国土交通省幹部らの答弁との食い違いは大きく、政府は改めて説明責任が問われることになる。問題を追及する市民団体などの告発に基づく検察の捜査も進んでおり、問題の終結は見通せない状況だ。

 「国が算定したごみの量や撤去費用は結局、過大と言えるのか」「適正な値引き額は本当に算定できないのか…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1997文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  2. 東芝メモリ 売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ
  3. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  4. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  5. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]