メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

森友 検査院報告(その1) 揺らぐ政府説明 証拠不足、調査に限界も

参院予算委員会理事会で調査報告書を金子原二郎委員長(左)に手渡す河戸光彦会計検査院長=国会内で2017年11月22日、川田雅浩撮影

 会計検査院が22日に公表した森友学園問題の検査結果は、土地評価額から約8億円を値引きした国の対応に疑問を投げかける内容となった。学園への対応を「問題ない」と強調してきた財務省、国土交通省幹部らの答弁との食い違いは大きく、政府は改めて説明責任が問われることになる。問題を追及する市民団体などの告発に基づく検察の捜査も進んでおり、問題の終結は見通せない状況だ。

 「国が算定したごみの量や撤去費用は結局、過大と言えるのか」「適正な値引き額は本当に算定できないのか…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです