メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・屋台問題めぐる報道

市がBPOに異議「お門違い」批判も フジのドキュメンタリー番組に

繁華街周辺に軒を連ねる屋台。公募などをめぐって議論を呼んだ(写真は本文と関係ありません)=福岡市博多区で2月、和田大典撮影

 屋台を経営していた女性を主人公にしたフジテレビのドキュメンタリー番組が行政を批判的に描いたことで「信頼を失墜させられた」として、福岡市が第三者機関の放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会=1=に審議・審理を申し立てた。関係者によるとBPOは退けたという。放送のご意見番に対して、権力を行使する自治体が申し立てをするのは異例で、専門家から「お門違いでは」との意見も出ている。【合田月美、蓬田正志】

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2777文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです