メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

ムガベ大統領辞任 植民地主義の傷も体現=前ヨハネスブルク支局長・服部正法

 ジンバブエ独立以来37年にわたって国を率いたロバート・ムガベ大統領の政権が倒れた。ムガベ氏の知名度は日本ではさほど高くないが、欧米では極めて高い。「独裁者」「圧政」「腐敗」といったアフリカ政治に言及する際に繰り返し語られる負の側面を体現した人物と見なされてきたからだ。

 実際、暴虐ぶりはひどかった。政権基盤固めを進めていた1980年代、反ムガベ派武装勢力を鎮圧する際に市民ら約2万人を虐殺した。「疑わしいだけで射殺する。子供も老人も女性も理由なく殺された」。2013年に首都ハラレで取材した際、治安当局の元関係者はそう振り返った。苛烈な弾圧で国民に恐怖を植え付け支配を確たるものにした。この関係者も人目を避けて車中で取材に応じざるを得なかった。

 大統領選の第1回投票で野党候補がムガベ氏の得票率を上回れば、野党支持者らを弾圧し死者や避難民が多数…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1353文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです