メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城から初マラソンへ

クイーンズ駅伝を前に/中 松田瑞生(22)ダイハツ 勢い支える練習量

今年6月の日本選手権女子1万メートル決勝、1位でフィニッシュする松田=山崎一輝撮影

 今年6月の日本選手権1万メートルで初優勝した松田瑞生(ダイハツ)は8月の世界選手権ロンドン大会にも出場した。勢いに乗る22歳は年明けに初マラソンに挑む予定だ。「ようやくスタートラインに立てる。海外選手にどれだけしがみついていけるかが楽しみ」と心待ちにしている。

 全国高校駅伝の常連である大阪薫英女学院高から入社して4年目。早くから42・195キロを視野に入れており「マラソンをするならダイハツと言われて入った」と松田は言う。ダイハツは2012年ロンドン五輪と13年世界選手権に木崎良子、15年世界選手権に前田彩里と近年のマラソン代表を相次いで出してきた。松田も昨年はリオデジャネイロ五輪代表こそ逃したものの日本選手権1万メートル4位など着実に…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです