メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者差別解消法

施行1年 「内容知らぬ」8割超 ヘルプマーク、認知度低く 県調査 /静岡

周囲に援助や配慮の必要性を知らせる「ヘルプマーク」=県庁で

 昨年4月施行の障害者差別解消法や、見た目からは分かりにくいハンディキャップを抱える人が周囲に援助などの必要性を知らせる「ヘルプマーク」について県が調査したところ、回答者の8割超が「意味を知らない」と答えていたことが分かった。同法は施行から1年以上が経過したが、県は「認知度が低迷し、障害者差別を巡る状況が改善したとは言い難い。正しい知識を浸透させたい」としている。【井上知大】

 調査はアンケート形式で、県内に在住または通勤、通学している16歳以上の男女を対象にインターネット上…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1244文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]