メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

山一破綻20年/上 ルール軽視、退出は当然 GMO-Zコム・セキュリティーズ 元久存CEO

=GMO-Zコム・セキュリティーズ提供

 --山一証券破綻時、同社の人事企画課長でした。

 ◆自主廃業の報道を聞いた時は何も考えられなかった。(損失を一時的に他社に隠す)「飛ばし」があることも知らなかったので「廃業? 相撲取りでもあるまいし」といった感じだった。翌春に退社するまで従業員の求人の取りまとめに奔走した。再就職はおおむねうまくいったが、当時は転職という考えがほぼない時代。山一の破綻は、人材の流動化を進めた転換点と言えるだろう。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文965文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 霧島連山・硫黄山 250年ぶりに噴火 宮崎・鹿児島県境
  5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]