メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

山一破綻20年/上 ルール軽視、退出は当然 GMO-Zコム・セキュリティーズ 元久存CEO

=GMO-Zコム・セキュリティーズ提供

 --山一証券破綻時、同社の人事企画課長でした。

 ◆自主廃業の報道を聞いた時は何も考えられなかった。(損失を一時的に他社に隠す)「飛ばし」があることも知らなかったので「廃業? 相撲取りでもあるまいし」といった感じだった。翌春に退社するまで従業員の求人の取りまとめに奔走した。再就職はおおむねうまくいったが、当時は転職という考えがほぼない時代。山一の破綻は、人材の流動化を進めた転換点と言えるだろう。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです