メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城から初マラソンへ

クイーンズ駅伝を前に/下 鷲見梓沙、鈴木亜由子 ケガと闘い、狙う代表

クイーンズ駅伝をステップに初マラソンを見据える鷲見=丸山博撮影

鷲見梓沙(すみ・あずさ)(21)ユニバーサルエンターテインメント

鈴木亜由子(26)日本郵政グループ

 マラソンは選手にとってあこがれと同時に未知の距離でもある。2020年東京五輪のマラソン代表を目指すのならば早い時期に初挑戦すべきだが、選手は迷いも抱えている。

 ユニバーサルエンターテインメントの鷲見梓沙(21)は、高卒1年目の15年に世界選手権5000メートル代表に選ばれた逸材だ。しかし、15年秋に右足を疲労骨折して以降、体のバランスが崩れて苦しんできた。今夏に太もも裏や尻の筋力トレーニングを自主的に行ったことが奏功して2年ぶりに復調。初マラソンが視野に入ってきた。

 指導する小出義雄・佐倉アスリート倶楽部代表は来年3月の名古屋ウィメンズを念頭に「持っているものが違…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです