メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城から初マラソンへ

クイーンズ駅伝を前に/下 鷲見梓沙、鈴木亜由子 ケガと闘い、狙う代表

クイーンズ駅伝をステップに初マラソンを見据える鷲見=丸山博撮影

鷲見梓沙(すみ・あずさ)(21)ユニバーサルエンターテインメント

鈴木亜由子(26)日本郵政グループ

 マラソンは選手にとってあこがれと同時に未知の距離でもある。2020年東京五輪のマラソン代表を目指すのならば早い時期に初挑戦すべきだが、選手は迷いも抱えている。

 ユニバーサルエンターテインメントの鷲見梓沙(21)は、高卒1年目の15年に世界選手権5000メートル代表に選ばれた逸材だ。しかし、15年秋に右足を疲労骨折して以降、体のバランスが崩れて苦しんできた。今夏に太もも裏や尻の筋力トレーニングを自主的に行ったことが奏功して2年ぶりに復調。初マラソンが視野に入ってきた。

 指導する小出義雄・佐倉アスリート倶楽部代表は来年3月の名古屋ウィメンズを念頭に「持っているものが違…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文858文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです