メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海百景

北斎の巨大だるま再現

200年前を再現して境内に描かれた葛飾北斎の大だるま絵=名古屋市中区の本願寺名古屋別院で2017年11月23日、木葉健二撮影

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです