メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海百景

北斎の巨大だるま再現

200年前を再現して境内に描かれた葛飾北斎の大だるま絵=名古屋市中区の本願寺名古屋別院で2017年11月23日、木葉健二撮影

 200年前、北斎が120畳もある和紙に大だるまを描いた--。名古屋市中区門前町の本願寺名古屋別院(西別院)で23日、そんな当時の興行を再現するイベントが開かれ、多くの見物客が訪れた。

 1817年10月5日、名古屋に滞在していた浮世絵師、葛飾北斎は西別院で、わらやそば殻の筆をさばき、巨大な達磨(だるま)大師の半身を表現してみせた。

 再現イベントは、西別院が来年開創300年を迎えるのを記念して企画した。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. 夏の高校野球 金足農の吉田、守備で頭脳的なプレー
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです