メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(7)ジャパンC やっぱり強い、キタサンブラック

2016年のジャパンCを制したキタサンブラック=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が、G1レース計12戦を予想します。第7戦は、今年の東京開催を締めくくる国際招待レース、ジャパンカップ(C)=東京2400メートル、26日午後3時40分発走。優勝賞金は、有馬記念(中山2500メートル)と並ぶ国内最高の3億円。今年も日本馬が圧倒的な力を見せるのか、それとも外国馬が波乱を起こすのか。毎日新聞の競馬担当、松沢一憲記者の解説を交えながら“ウマ女”記者が競馬の楽しさをお届けします。【中嶋真希】

 日本馬と外国馬が激突するジャパンCは今年、海外から4頭が来日する。真希バオーの注目は、世界的な名門…

この記事は有料記事です。

残り2637文字(全文2913文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです