メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

シナイ、治安悪化の一途 過激派、標的拡大か

 武装集団によるモスク(イスラム礼拝所)の襲撃で少なくとも235人が死亡したシナイ半島は近年、治安が悪化の一途をたどっており、「世界有数の危険地帯」(欧州外交筋)との指摘もある。【アスワン篠田航一】

 2011年ごろから活動していた遊牧民中心のイスラム過激派アンサール・バイト・マクディス(「エルサレムの支持者」の意味)が、14年に過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を表明。その後は「ISシナイ州」を名乗り、治安当局やコプト教(キリスト教の一派)信徒への攻撃を強めている。

 シシ政権下で非合法化されたイスラム組織「ムスリム同胞団」の一部もISを支援しているとの見方がある。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです