メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

歩道橋の子供たち=小野正嗣 /大分

 鈴なりである。 

 一瞬、目を疑った。

 車で小さな町を通り抜けるところだった。遠くに道路を横断して宙に浮かんでいるものがあった。

 歩道橋だ。

 ふだん歩道橋という構造物には注意を払わない。渡るときには足の下だし、離れたところからじっくり眺めるなんてことはまずない。運転するときに、そこにつけられた標識や案内板を見るだけだ。

 そのときも僕の目を引き寄せたのは、だから歩道橋そのものではなかった。

この記事は有料記事です。

残り1994文字(全文2189文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]