メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

歩道橋の子供たち=小野正嗣 /大分

 鈴なりである。 

 一瞬、目を疑った。

 車で小さな町を通り抜けるところだった。遠くに道路を横断して宙に浮かんでいるものがあった。

 歩道橋だ。

 ふだん歩道橋という構造物には注意を払わない。渡るときには足の下だし、離れたところからじっくり眺めるなんてことはまずない。運転するときに、そこにつけられた標識や案内板を見るだけだ。

 そのときも僕の目を引き寄せたのは、だから歩道橋そのものではなかった。

この記事は有料記事です。

残り1994文字(全文2189文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです