メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルタ

女性記者殺害1カ月(その2止) 調査報道へ死の報復 訴訟数十件、相次いだ脅迫

聖ヨハネ大聖堂前に飾られたダフネ・カルアナガリチアさんの遺影。「私たちは黙らない」とメッセージが添えられている=バレッタで

 

 調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が10月、爆弾によって殺害された地中海の島国マルタ。明るい陽光がきらめき、好調な経済の陰で、犯罪組織が社会に浸透し追及を続けるカルアナガリチアさんは常に脅迫にさらされていた。知人らは「マルタは自分や家族の利益のためなら犯罪すら許容する『マフィア・ステート(国)』になってしまった」と嘆く。

 「悪党がどこにでもいる。状況は絶望的だ」。カルアナガリチアさんが10月16日午後に上げた最後の投稿…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2437文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです