メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

山一破綻20年/中 世界の金融政策、注視を 元日銀理事・増渕稔氏

=岡大介撮影

 --金融機関が相次いで破綻した1997年11月をどう振り返りますか。

 ◆金融危機が頂点に達した月だ。当時は日銀信用機構局(現・金融機構局)長として、北海道銀行との合併話が破談した北海道拓殖銀行が早晩行き詰まると覚悟して、準備をしていた。14日に拓銀が支援を求めてきたので、水面下で日銀特融(危機の銀行に融資する制度)などに動き始めた。その日の夕方、山一証券のトップが日銀に「飛ばしがあり、どうにもならない」と報告に来た。何というタイミングだと思った。

 --証券会社は特融の対象外でしたが、あえて山一に適用しました。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1114文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 霧島連山・硫黄山 250年ぶりに噴火 宮崎・鹿児島県境
  5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]