メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

世界有数の危険地帯 過激派、標的拡大か

襲撃されたモスクの外観=エジプト東部ビルアブドで24日、ロイターTVの映像から

 武装集団によるモスク(イスラム礼拝所)の襲撃で少なくとも235人が死亡したシナイ半島は近年、治安が悪化の一途をたどっており、「世界有数の危険地帯」(欧州外交筋)との指摘もある。【アスワン篠田航一】

 2011年ごろから活動していた遊牧民中心のイスラム過激派アンサール・バイト・マクディス(「エルサレムの支持者」の意味)が、14年に過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を表明。その後は「ISシナイ州」を名乗り、治安当局やコプト教(キリスト教の一派)信徒への攻撃を強めている。

 シシ政権下で非合法化されたイスラム組織「ムスリム同胞団」の一部もISを支援しているとの見方がある。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです