メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

山一破綻20年/下 企業統治、あり方学べ KKRジャパン会長・斉藤惇氏

=岡大介撮影

 --1997年11月の山一破綻をどのように見ていましたか。

 ◆自主廃業は驚かなかった。営業力が弱くなり、行き詰まっていたからだ。外から見ても緊張感が感じられなかった。

 --野村証券でも年初に総会屋への利益供与が発覚しました。

 ◆ろくな年ではなかった。91年の損失補填(ほてん)問題の反省の後のことで、担当副社長としてがくぜんとした。信用が大切な仕事なので会社が潰れるかもしれないと思った。3月に私を含め経営陣は総退陣した。98年にかけて金融機関の破綻が続いたことで日本経済の成長は止まった。「失われた20年」の発火点だ。必要なコストだったが、もう少しバランスのよい対処の仕方はあったかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです