メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その2) どの患者も遠ざけず

自らのクリニックで治療する鈴木治仁さん=東京都品川区で2017年11月8日、小川昌宏撮影

 

 ◆HIV陽性者と向き合う歯科医

決断、妻が後押し

 東京都品川区にある「鈴木歯科クリニック」院長の歯科医師、鈴木治仁(はるひと)さん(60)が初めてエイズ患者を受け入れたのは開業から1年後、1994年6月のことだ。きっかけは開業前、妻で薬剤師の千春さん(55)が仕事先で知り合った生島嗣(ゆずる)さん(59)から持ちかけられた依頼だった。

 「ご主人が開業するなら、エイズの患者さんを診てくれないかな」

この記事は有料記事です。

残り4558文字(全文4759文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]