メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

治療23年、歯科医の信念(その2) どの患者も遠ざけず

自らのクリニックで治療する鈴木治仁さん=東京都品川区で2017年11月8日、小川昌宏撮影

 

 ◆HIV陽性者と向き合う歯科医

決断、妻が後押し

 東京都品川区にある「鈴木歯科クリニック」院長の歯科医師、鈴木治仁(はるひと)さん(60)が初めてエイズ患者を受け入れたのは開業から1年後、1994年6月のことだ。きっかけは開業前、妻で薬剤師の千春さん(55)が仕事先で知り合った生島嗣(ゆずる)さん(59)から持ちかけられた依頼だった。

 「ご主人が開業するなら、エイズの患者さんを診てくれないかな」

この記事は有料記事です。

残り4558文字(全文4759文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  2. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警
  3. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. 姫路の施設 知的障害者の首から「私はうそつき」のカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]