メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

「何針縫う」はナンセンス=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 私は小学生の時、トタン板製の橋から小川に転落し、右腕に大きな傷を負いました。パックリと割れた傷を見たときの衝撃は大きく、担ぎ込まれた近所の外科医院で縫ってもらっている時の光景を今でも鮮明に覚えています。半世紀を経て、私は形成外科医として患者さんと向き合っていますが、傷を縫うための技術、器具、材料、その後の管理方法は様変わりしました。

 けがで生じた傷を治療する目的は止血と感染防止、そして、治癒に導くことです。私は早急に治し、かつ苦痛…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです