メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

赤田本店(東京都)/下 良品、材料にこだわり

高級な割り箸の原木となる吉野杉=赤田本店提供

 <since 1909>

割り箸で日本の食文化を支えて108年

 1980年代後半から90年代にかけ、中国では割り箸工場が増えて生産過多となり、抱える在庫の単価が下落していた。さらに材料の枯渇という懸念も重なり、中国生産の優位性が薄れつつあった。赤田本店の赤田安司社長(69)は「量産を続ける中国業者はロシア産の原木に移行しており、日本資本の工場がこの流れに対応するのは容易でなかった」と当時を語る。

 一方インドネシアでは98年のスハルト政権崩壊後、違法伐採や違法輸出が急速に増え、政府が木材の伐採量…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文757文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]