メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車で社会復帰

運転再開支援「途上県」多く

山田裕隆講習係長(右端)の指導を聞く安田清さん(左端)と「みなくるはうす光」の徳本武司施設長=山口県岩国市の岩国自動車学校で

 脳卒中などのリハビリを終えた人が自動車運転を再開したいと望んだ際、リハビリ病院や福祉施設、自動車教習所の支援が乏しい「発展途上県」が多く残る。山口県もその一つだ。「途上県」では能力が十分あるのに一律に運転をやめさせられたり、逆に能力評価が低いのに運転を容認されたりする例も出ており、安全上、問題になっている。

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1272文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 高速道の落とし物 年間36万件 接触したらどう対処?
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 特殊詐欺で300万円被害 通報受けた警察官もあざむかれ 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです