メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

ジャパンカップ シュヴァルグラン初V

 5番人気のシュヴァルグラン(ヒュー・ボウマン騎乗)が2分23秒7で勝ち、G1初勝利を挙げるとともに、1着賞金3億円を獲得した。ボウマン騎手、友道康夫調教師はともにこのレース初勝利。馬主はプロ野球、大リーグで活躍した佐々木主浩氏。連覇を狙った1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗)は3着だった。

 キタサンブラックが逃げて最後の直線に入ったが、4、5番手から追ったシュヴァルグランが残り100メートル付近で先頭に立ち快勝した。1馬身4分の1差の2着は今年のダービー馬で2番人気のレイデオロ。4頭が参戦した外国馬ではアイダホ(アイルランド)の5着が最高だった。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです