メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・国宝展

多彩な話題集めて閉幕 過去最多の入場者数

最終日も訪れた多くの人で長蛇の列ができた国宝展=京都市東山区の京都国立博物館で2017年11月26日午前10時58分、平川義之撮影

京都国立博物館 48日間で62万4500人

 京都市東山区の京都国立博物館(京博)で開かれていた特別展覧会「国宝」(毎日新聞社など主催)が26日、閉幕した。国宝に指定されている美術工芸品のうち約4分の1にあたる210件を紹介してきた。

     48日間の入場者数は約62万4500人。京博が開催した特別展で入場者数が過去最高だった1973年の「中華人民共和国出土文物展」(約37万2500人)を大幅に上回った。

     この日も開館前から入場待ちの列ができ、終日にぎわった。名古屋市の派遣社員、村越宏美さん(48)は、「志野茶碗(ぢゃわん)の『卯花墻(うのはながき)』を見たくて来ました。後方に『燕子花(かきつばた)図屏風(びょうぶ)』がある予想外の展示で、世界観が広がりました。最終日に駆けつけたかいがありました」と話していた。【岸桂子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. 米朝首脳会談 「世界にとっては損失だが中止になる」
    5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]