メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第2部 社会が変わる/2 電子化で銀行激変 構造改革進める3メガ 店舗、業務・来客・行員減

三井住友銀行が次世代型の旗艦店に位置付ける銀座支店。署名、押印ができる専用端末などデジタル技術を活用し、広い空間を実現した=東京都中央区で、岡大介撮影

 東京・銀座に4月新設された複合型商業施設「GINZA SIX」。7階に上がると、白を基調にした空間が現れた。三井住友銀行が「次世代型店舗第1号」と位置づける銀座支店だ。振り込みなどの受付窓口は二つだけ。ほとんどの手続きはデジタル化され、書類ではなく専用端末への署名で済む。

 端末に入力されたデータは別の拠点に転送して一括処理するため、従来店舗のようにカウンターの奥で事務作業をする大勢の行員の姿はない。空いたスペースには、資産運用などの相談に応じる個室を10室設けた。来店した都内の女性会社員(35)は「普通の店と全然違う」。同行は全国約430店舗を次世代型に転換する方針だ。

 駅前一等地に構えた店舗で大勢の行員が働く--。見慣れた銀行の風景が、ITを活用した金融サービス「フ…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1301文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです