メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 弱音吐きづらい社会 NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表・清水康之さん

 今回の事件を通じ、若者を取り巻く現状に目を向けてほしい。過去10年の統計では、日本の29歳以下の若者は1日平均で約10人が自殺している。近年、15~34歳の死因の1位が「自殺」という国は、主要先進7カ国で日本だけだ。

 多くの若者は自己肯定感が低く、社会に期待を失っている。国の昨年の調査でも「過去1年以内に本気で自殺を考えたことがある」と回答した割合が最も高かったのは20代だった。今回の事件の被害者は例外的な存在ではなく、氷山の一角だ。

 過度な競争を強いられ、逃げ出さず頑張り抜くことが良しとされる社会では、弱音が吐きづらい。今回の事件…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文587文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  2. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警
  3. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. 姫路の施設 知的障害者の首から「私はうそつき」のカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]