メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 ワースト大阪、予防・体操に注力 要介護率、地域差大きく

 65歳以上で、介護が必要な状態であることを市区町村(保険者)が認定した人の割合を表す「要介護認定率」は、大きな地域差がある。認定を受け介護保険サービスを受ける人が多いほど費用がかかる。介護費抑制のため、国や一部自治体は分析と対策に乗り出しているが、行き過ぎれば必要なサービスを受けられなくなると懸念する声も上がっている。【藤沢美由紀】

 厚生労働省は昨年3月、初めて都道府県別の要介護認定率を公表した。高齢者の多い都道府県は当然高くなる…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1797文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]