メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/8 混雑緩和、スジ屋の奮闘

常磐線のダイヤ改正の効果の確認作業をするJR東日本の「スジ屋」の社員=東京都台東区の上野駅で10月16日、竹地広憲撮影

 JR東日本は10月のダイヤ改正で、常磐線の朝の通勤時に茨城方面から品川駅まで直通する列車を10本に倍増させた。旧ダイヤでは、茨城県からの通勤客の多くが上野駅で山手線などに乗り換え、品川に向かっていた。「直通が増えて茨城の乗客は便利になり、上野駅での乗り換えが減る分、都心区間の列車の混雑も緩和できる」。輸送計画グループのリーダー、多々良和孝(43)らは改正で“一石二鳥”を狙った。

 列車は大きな紙に時間ごとの運行・停車位置を細かく線(スジ)で示した計画表に沿って走る。多々良の下に…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1181文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]