メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

進化するHIV治療 あす世界エイズデー

 かつては死に至る病と恐れられたエイズだが、現在は原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しても、1日1回1錠の薬で通常の生活を送れるようになった。12月1日は世界エイズデー。治療や予防など医療技術の最新事情と課題を探った。【伊藤奈々恵】

 ●免疫の司令塔破壊

 「(感染判明後)20年も生きられるとは思わなかった。陽性でも治療すれば健康な人と同じように生きられることを知ってほしい」。HIV陽性者を支援するNPO法人「ぷれいす東京」のスタッフで、1997年に陽性と判明した佐藤郁夫さん(58)は語る。米国で最初の患者が見つかってから36年。HIVの治療技術は飛躍的に進歩している。

 HIVは、血液中の免疫細胞の中で、司令塔の役割を果たす細胞に感染する特徴がある。このため、病気から…

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1746文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]