メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綱の失墜

日馬富士暴行問題/上 現役引退 日馬、突然の落日 体面優先、幕引き急ぐ

記者会見で頭を下げる日馬富士(手前)と伊勢ケ浜親方=矢頭智剛撮影

 大相撲の横綱・日馬富士が29日、貴ノ岩への暴力問題の責任を取り、現役を引退した。相撲界を大きく揺るがす問題は横綱の突然の引退表明で、新たな局面を迎えた。当事者が相撲界を去ったことで、真相究明はできるのか。沈黙を保つ貴ノ岩の師匠・貴乃花親方(元横綱)は、横綱の引退を受けて、どう反応するのか。3横綱が集まり、問題の発端になったモンゴル出身者の会合で何があったのか。「失墜した横綱」の周辺に、今なお渦巻く疑問の一端を描く。【大相撲取材班】

 「これじゃ順序が逆だよ。自分勝手だな」。29日、日本相撲協会に届いた日馬富士の引退の知らせ。突然の…

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです