メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綱の失墜

/上 日馬富士引退 モンゴル勢、功と罪

 第68代の朝青龍から第71代の鶴竜まで4人続けて横綱を生み出すなど、今やモンゴル勢は大相撲で一大勢力となっている。抜群の運動神経とスピードを生かした取り口が「功」ならば、今回の日馬富士による暴行問題など「罪」も少なくない。

 全ては1992年春場所で始まった。元関脇・旭天鵬(現友綱親方)、元小結・旭鷲山ら6人がモンゴルから来日して初土俵。同場所は貴花田(後の横綱・貴乃花)が19歳5カ月の史上最…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです