メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/1 元ゲリラ「政府頼れない」 支援手薄、社会復帰困難

FARCの元メンバーの自活に向け建設中のホテル前で語るホセ・アルディネベンさん=コロンビア南部メセタスで17年11月28日、山本太一撮影

 南米コロンビアで22万人の死者を出した政府と左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」との内戦が終結してから11月30日で1年を迎えた。この間、真の和平に向けて何が進展し、また課題になっているのか。現場から報告する。【メセタス(コロンビア南部)で山本太一】

 「政府に頼っても仕方がない。自分たちで自立して生きる道を模索している」。FARCの元メンバー、ホセ・アルディネベンさん(42)は力を込めた。

 南部メタ県メセタスの中心部から車で約1時間半。アルディネベンさんら元メンバーらが社会復帰に向けて一…

この記事は有料記事です。

残り1626文字(全文1876文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「前監督、コーチが反則指示」日大選手が謝罪
  5. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]