メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

ハマス、権限移譲延期 ガザ、ファタハと依然溝

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府を主導する主流派ファタハと同自治区ガザ地区を実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスは11月29日、ガザ地区の行政権限をハマスから自治政府に移す期限を12月10日に延期すると発表した。10月の和解合意では12月1日までに完全移譲するとしていた。双方の溝は埋まっておらず、今後協議がさらに混迷する可能性もある。

 両者は共同声明で「和解に向けた措置を完了するための準備」に時間が必要と延期の理由を説明している。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです