メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

ハマス、権限移譲延期 ガザ、ファタハと依然溝

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府を主導する主流派ファタハと同自治区ガザ地区を実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスは11月29日、ガザ地区の行政権限をハマスから自治政府に移す期限を12月10日に延期すると発表した。10月の和解合意では12月1日までに完全移譲するとしていた。双方の溝は埋まっておらず、今後協議がさらに混迷する可能性もある。

 両者は共同声明で「和解に向けた措置を完了するための準備」に時間が必要と延期の理由を説明している。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです