メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

ハマス、権限移譲延期 ガザ、ファタハと依然溝

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府を主導する主流派ファタハと同自治区ガザ地区を実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスは11月29日、ガザ地区の行政権限をハマスから自治政府に移す期限を12月10日に延期すると発表した。10月の和解合意では12月1日までに完全移譲するとしていた。双方の溝は埋まっておらず、今後協議がさらに混迷する可能性もある。

 両者は共同声明で「和解に向けた措置を完了するための準備」に時間が必要と延期の理由を説明している。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  5. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです