メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第2部 社会が変わる/4 普及遠いビットコイン 価格乱高下、市場の整備必要

ビットコインでの支払いができるすし店。二次元コードにスマートフォンをかざすだけで決済できる=東京都中央区で、横山三加子撮影

 崖から転げ落ちるように値下がりするグラフをスマートフォンで見て、目を疑った。インターネット上で取引される仮想通貨の代表格「ビットコイン」を体験すべく、記者は10月中旬、2万4000円分を購入した。相場は順調に上昇し、含み益は11月上旬に8000円に。喜んだのもつかの間、相場は急落し、わずか1日で含み益は数百円まで縮小した。「仮想通貨は値動きが激しい。購入はリスクを理解した上で」。過去の記事で自分が書いた言葉が身に染みた。

 ビットコインは、法定通貨と異なり、中央銀行のような管理者がいない。取引データを「マイナー(採掘者)…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです