メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第2部 社会が変わる/4 普及遠いビットコイン 価格乱高下、市場の整備必要

ビットコインでの支払いができるすし店。二次元コードにスマートフォンをかざすだけで決済できる=東京都中央区で、横山三加子撮影

 崖から転げ落ちるように値下がりするグラフをスマートフォンで見て、目を疑った。インターネット上で取引される仮想通貨の代表格「ビットコイン」を体験すべく、記者は10月中旬、2万4000円分を購入した。相場は順調に上昇し、含み益は11月上旬に8000円に。喜んだのもつかの間、相場は急落し、わずか1日で含み益は数百円まで縮小した。「仮想通貨は値動きが激しい。購入はリスクを理解した上で」。過去の記事で自分が書いた言葉が身に染みた。

 ビットコインは、法定通貨と異なり、中央銀行のような管理者がいない。取引データを「マイナー(採掘者)…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1365文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 箱根 アイスコーヒー風呂が初登場
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]