メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第2部 社会が変わる/4 普及遠いビットコイン 価格乱高下、市場の整備必要

ビットコインでの支払いができるすし店。二次元コードにスマートフォンをかざすだけで決済できる=東京都中央区で、横山三加子撮影

 崖から転げ落ちるように値下がりするグラフをスマートフォンで見て、目を疑った。インターネット上で取引される仮想通貨の代表格「ビットコイン」を体験すべく、記者は10月中旬、2万4000円分を購入した。相場は順調に上昇し、含み益は11月上旬に8000円に。喜んだのもつかの間、相場は急落し、わずか1日で含み益は数百円まで縮小した。「仮想通貨は値動きが激しい。購入はリスクを理解した上で」。過去の記事で自分が書いた言葉が身に染みた。

 ビットコインは、法定通貨と異なり、中央銀行のような管理者がいない。取引データを「マイナー(採掘者)…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです