メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 悪質商法の被害防止に向け、業者への規制を強化した改正特定商取引法(特商法)が12月1日、施行される。消費者が一定期間無条件で契約を解除できる「クーリングオフ」制度や、改正法で新たに加わった規制について、Q&Aで解説する。

 ●改正法きょう施行

 Q どんな法律なの?

 A 特商法は、訪問販売や電話勧誘販売など、契約トラブルになりやすい7タイプの取引を対象に、消費者を守るためのルールを定めた法律です=表参照。業者側が販売目的を隠したり重要な事実を告げずに勧誘したりすることを禁止し、消費者側にはクーリングオフを認めています。(1)訪問販売には、路上で呼び止められる「キャッチセールス」や、営業所などに別の目的で呼び出され勧誘される「アポイントメントセールス」も含まれます。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文2007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです