メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

弔い、新たなカタチへと ビジネス界が注目

野球場の風景など、野球をイメージした写真が印刷された棺おけ=大阪市住之江区で、花澤茂人撮影

 人生の終末をどう迎え、大切な人をどう送るか。家族関係の変化や個人意識の高まりを背景に葬送の形が多様化する中、ビジネスや学術の世界でも「弔い」がキーワードになっている。先月、関西で開かれた「弔い」にまつわる催しを訪ねた。【花澤茂人】

 おしゃれな仏壇や納骨設備、霊きゅう車用の高級リムジン。先月8~10日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開かれた「関西エンディング産業展2017」には、葬儀、埋葬、供養などに関連する189の企業、団体がブースを出した。2015年から東京で毎年開かれ、関西では今回が初めて。会場には3日間で約1万5000人が来場した。

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2088文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  4. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
  5. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]