メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

弔い、新たなカタチへと ビジネス界が注目

野球場の風景など、野球をイメージした写真が印刷された棺おけ=大阪市住之江区で、花澤茂人撮影

 人生の終末をどう迎え、大切な人をどう送るか。家族関係の変化や個人意識の高まりを背景に葬送の形が多様化する中、ビジネスや学術の世界でも「弔い」がキーワードになっている。先月、関西で開かれた「弔い」にまつわる催しを訪ねた。【花澤茂人】

 おしゃれな仏壇や納骨設備、霊きゅう車用の高級リムジン。先月8~10日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開かれた「関西エンディング産業展2017」には、葬儀、埋葬、供養などに関連する189の企業、団体がブースを出した。2015年から東京で毎年開かれ、関西では今回が初めて。会場には3日間で約1万5000人が来場した。

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2088文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリキュア 横浜に歴代55人が初集結で1万人のファン歓喜! 本名陽子「ぶっちゃけ、ありえな~い!!」」
  3. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  4. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです