メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/26 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月七日(22)

 ストーブを囲む金網の戸を開けて、火かき棒をとった。真っ赤に腹の焼けたストーブの口を叩(たた)くように開けると、なかの石炭を勢いよく掻(か)きだしてしまう。

 ストーブの足元にあるトタンの防火板に、燃える石炭が広がった。火の粉が飛び散り、一瞬あたりを放熱が満たす。タケシは友人の顔を見た。テツとミヤが唖然(あぜん)と見つめ返してくる。引きつった顔に石炭の赤光が反射して、やせた小鬼のようだ。顔が熱い。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文939文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]