メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

退位、どう決めるの? 政府に決定権 皇室会議の意見も参考=回答・野口武則

 なるほドリ 天皇陛下の退位は誰が決めるの?

 記者 明治時代に、皇位継承(こういけいしょう)を巡る政治の混乱を避けるなどの理由から、天皇は「終身在位(しゅうしんざいい)」と決めました。現在の皇室典範も、天皇が逝去(せいきょ)された場合に限り皇位継承すると定め、退位はできない仕組みです。

 今年6月に国会で成立した退位について定めた特例法では、今の陛下に限って退位ができるようにし、退位の日は政令で決めるとしました。政令は政府が閣議決定(かくぎけってい)するものなので、決定権は政府にあります。

 Q 陛下の意見は聴かずに決めていいの?

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです