メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/2 コカ栽培、難しい根絶

コカの葉を摘み取るブランカ・リベロスさん=コロンビア西部コリントで

 「パンパン、パンパン」。山中の谷間の集落で銃声がこだました。「政府軍と離脱メンバーの銃撃戦だったようだ」。コロンビア西部カウカ県コリントの農家、ブランカ・リベロスさん(44)が11月中旬の出来事を不安げに振り返った。離脱メンバーとは、政府との和平合意を受け入れず、今もゲリラ活動を続ける「コロンビア革命軍」(FARC)のかつての構成員を指す。

 FARCは長年、コカインの原料コカの流通を押さえ、活動の資金源としてきた。政府との和平合意に基づき…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1238文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]