メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/2 コカ栽培、難しい根絶

コカの葉を摘み取るブランカ・リベロスさん=コロンビア西部コリントで

 「パンパン、パンパン」。山中の谷間の集落で銃声がこだました。「政府軍と離脱メンバーの銃撃戦だったようだ」。コロンビア西部カウカ県コリントの農家、ブランカ・リベロスさん(44)が11月中旬の出来事を不安げに振り返った。離脱メンバーとは、政府との和平合意を受け入れず、今もゲリラ活動を続ける「コロンビア革命軍」(FARC)のかつての構成員を指す。

 FARCは長年、コカインの原料コカの流通を押さえ、活動の資金源としてきた。政府との和平合意に基づき…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1238文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです