メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第2部 社会が変わる/5止 好機うかがう地銀 「地域の垣根なくしたい」

ふくおかフィナンシャルグループがフィンテック企業の交流拠点として開設した「ダイアゴナル・ラン・トウキョウ」。夜通し議論する利用者のためにテントも設営=東京・八重洲で、小原擁撮影

 「アプリ内で投資運用サービスを完結できないか」。11月下旬、東京・八重洲のオフィスビルの一室。スマートフォンのアプリを使って銀行口座の残高確認や目的貯金ができるサービス「iBank」の拡充について、白熱した議論が交わされていた。主導していたのは、福岡銀行などを傘下に置くふくおかフィナンシャルグループが昨年4月、ITを駆使した金融サービス「フィンテック」を推進するために設立した「iBankマーケティング」(福岡市)の永吉健一社長だ。

 同社は昨年7月、iBankの提供をスタート。地元の百貨店や飲食店など約70社と提携してクーポンを配…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1348文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  2. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」
  3. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  4. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]