メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

コメ生産・流通市場の構造変化=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 スーパーの棚にさまざまな2017年産ブランド米が並ぶようになった。農林水産省によると、17年産米の全銘柄平均価格(相対価格、10月)は、玄米60キロ当たり(消費税込み)1万5501円で前年同月から8%上昇した。3年連続の上昇である。こうした中、18年にはコメ政策が大きく見直される。行政による生産数量目標の配分が廃止され、生産者や集荷業者・団体が中心となって需要に見合った生産を行うもので、国が示すのは需給見通しだけとなる。

 これに対し全国農業協同組合中央会(JA全中)は、需要に応じた生産を徹底し、水田フル活用を推進するた…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです