メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第33回永井荷風『ボク東綺譚』 案内人・島田雅彦(その1)

 永井荷風の代表作が、ある老作家と私娼(ししょう)との交情を描く『ボク東綺譚(ぼくとうきだん)』だ。舞台となった地を作家の島田雅彦さんが訪ね、老作家に重なる荷風の心中を想像した。

徘徊の中に思索と創造

 荷風晩年の声を谷崎との対談の録音から聞いてみた。谷崎は老人特有の濁りある声にべらんめえ口調だが、荷風は極めて滑舌がよく、都会の紳士然とした上品さがあり、理路整然とした語り口で、万年床のゴミ溜(た)め部屋に暮らし、ストリップの楽屋に入り浸っていた独居老人のイメージは軽く裏切られる。

 内務省勤務のエリートだった父のコネでアメリカ、フランスでの銀行勤務を経験した荷風だが、青年時代に耽…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです