メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綱の失墜

日馬富士暴行問題/下 白鵬、V重ね重し消え

 「土俵を支えてきた自負が、ああいう行動に出ちゃうのかなあ」。先月26日の九州場所千秋楽の優勝インタビューを万歳三唱で締めた白鵬を目の当たりにした親方は、あきれた。元横綱・日馬富士の暴行問題の一方で、最近は白鵬の「越権行為」が目に付く。

 白鵬は優勝インタビューで、加害者の日馬富士と被害者の貴ノ岩を「土俵に戻したい」とも発言していた。翌27日の横綱審議委員会で「大変な中でなぜ万歳。横綱としておかしい」と苦言を呈された。さらに28日の八角理事長(元横綱・北勝海)の講話の質疑で「力士代表の意見」として「貴乃花巡業部長に冬巡業には来てほしくない」と要望。30日の日本相撲協会理事会に呼び出され、「待った」を含めた場所中の言動に厳重注意を受けた。「横綱の品格を欠く」との烙印(らくいん)を押された格好だ。ある協会幹部は「強ければ何をしてもいいと勘違いしている」と憤る。

 いまだ破られない69連勝の記録を持ち、現役引退後も時津風理事長として協会を引っ張った双葉山を「理想…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1154文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]