メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

特許無償提供 熊本地震で被災の企業を対象に 

 九州電力は、熊本地震で被災した熊本県内の企業を対象に自社保有の特許を期間限定で無償提供する取り組みを始めた。被災企業に特許技術を活用してもらうことで、コストを抑えた迅速な新製品開発や新規事業の展開につなげ、熊本地震からの早期復興を支援する。九電として災害復興に特許を提供するのは初めて。

     特許は全217件あり、無償提供は11月30日から始め、最長2027年3月末まで。小型電池内蔵コンセントが非常時に重要度の高いコンセントへ優先的に電気を送るアイデアや、IH調理器上で特別な機器を使って冷却調理するアイデアなどがある。

     提供対象は、熊本県工業連合会(熊本市)が設置する「被災企業認定委員会」が今後認定した企業としている。

     また、中国電力も自社の特許全4628件を対象に熊本地震被災企業へ期間限定で無償提供を始めた。【浅川大樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
    3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
    4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです